映画「翔んで埼玉」動画配信情報と無料でフル動画視聴する方法

翔んで埼玉 動画フルを無料視聴する方法

翔んで埼玉 動画 フル

映画「翔んで埼玉」動画配信情報と映画「翔んで埼玉」動画フルを無料視聴する方法をご紹介。

Dailymotion(デイリーモーション)やpandora(パンドラTV)での動画アップロード状況も確認しましたが、ありませんでした。

映画「翔んで埼玉」動画Dailymotion

Dailymotion(デイリーモーション)で映画「翔んで埼玉」動画アップロード状況を確認
動画共有アップロードサイトのDailymotion(デイリーモーション)で映画「翔んで埼玉」の動画を検索。

しかし、Dailymotionでは「翔んで埼玉」動画はアップロードされていなかったので、無料視聴できる動画は見つかりませんでした。

パンドラTV(pandora)でも映画「翔んで埼玉」動画検索してみましたが、結果は同じで「翔んで埼玉」動画はありませんでした。

YouTubeでは「翔んで埼玉」予告編動画はあり。その他の動画サイトbilibiliやacfun、9tsuやFC2、b9やニコニコ動画などでも「翔んで埼玉」動画検索しましたがみつかりませんでした。

映画「翔んで埼玉」見た感想評価

  • とにかく面白い!
  • 俳優陣が本気でふざけていて終始爆笑
  • 埼玉県民はもちろん、他府県の人にも見てほしい
  • 俳優陣が本気でふざけていて終始爆笑

こんなに笑った映画は久しぶり

これほど何も考えずただ笑いに集中できる日本映画がほかにあっただろうか?というほど突っ込みどころ満載、むしろ突っ込まないところがないという映画「翔んで埼玉」です。

まず出演者が豪華!漫画の実写化の大事な点は原作とキャストに違和感がないかということだと思いますが、違和感ありまくり!でもきちっとはまってるんです。

上映開始10分でもうキャストを受け入れて世界観を楽しんでいる自分がいます。舞台は現代の埼玉と埼玉を解放する為に戦った者たちの住む全く違うようで何処かで繋がっている(のか?)世界のお話。

なんといっても二階堂ふみちゃんとGACKTが同級生というこれまたびっくりな設定なわけですが、そんなことは全く気にならないほど随所で笑いと趣向が凝らされています。例えるなら、海外の人が考える日本人を見るとどこか滑稽な部分があるとおもうのですが、それの都道府県版です。

あー、そう!確かにそうなんだけど、なんか違う!といったような共感と反共感が入り交ざった感情が随所に出てきて笑いを誘います。そしてすべてがとにかく大袈裟なスケール!でも見終わった後は自分の出身地に思いを馳せ、郷土愛っていいなぁと思える映画「翔んで埼玉」です。関東に住んだことがある人、特に千葉・埼玉・群馬・東京・茨城辺りの方は是非とも見て頂きたい作品です!
VOICE

実は埼玉愛に溢れている作品

予告を見たとき埼玉をさんざんバカにしたストーリーだと思っていましたが実際に映画「翔んで埼玉」を見ると埼玉をとても大切に思って作られた作品だと感じました。

私は埼玉県民でもないし埼玉にさえ行ったことはありませんがそれでもおもしろく鑑賞することができました。埼玉県民の方々ならなおさらおもしろいと思います。

GACKTや伊勢谷友介、京本政樹などの美形俳優がシリアスな雰囲気を醸し出しながらバカなことを言ったりオーバーな演技をしたりするのが笑えました。また、埼玉や関東圏の方々が知っているようなネタが色々ありそれがわからないところもあったので少し残念でした。そういったことを知っていたら更に楽しめる作品だと思います。

映画の前半部分の東京都民の優雅さと埼玉県民のみすぼらしさはきちんと演出されていたし役者の方々のイメージもぴったりだったと思います。

特に、加藤良諒さんの埼玉県民で虐げられる役ははまっていたと思います。ただ、最初にGACKTを敵視してた二階堂ふみが簡単にGACKTを好きになってしまうところはもっと過程を追加して徐々に好きになるようにしないと急すぎて不自然な感じがしました。

最後はボスとGACKTの対決のような場面があっても良かったのではないかと思いました。
VOICE

ただただ面白い

「翔んで埼玉」マンガが人気なのは前から知っていたので、埼玉生まれ・埼玉育ちの私は映画が公開すると聞いた時から楽しみにしていました。母も興味があったようだったので公開日初日に二人で「翔んで埼玉」観に行ってきました。勿論埼玉県内の劇場です(笑)

入場者特典のそこら辺の草・・・ではなく、高級野菜の種も貰いました。

率直な感想を言うと、面白いの一言に尽きます。
普通なら上映中の映画館って静かなのに、「山田うどん!」「しらこばと!笑」・・・と、埼玉県人だからこそ分かるネタも多く、周りの人も皆埼玉県人だからか笑い声も聞こえるし、東京都民から酷い扱いを受けたり、ディスられているはずなのに笑ってしまう。

マンガを読まなさそうな世代もウケており、世代を問わず楽しめると思います。
一番好きだったシーンはCMでもやっていた埼玉と千葉のディスり合い合戦でした。

観劇前は、コスプレっぽいし滑るかな?と思っていましたが、実際は完成度が高く俳優陣の演技は勿論、制作は徹底的に行われている印象でした。

GACKTが高校生役っていうのも跳んで埼玉だからこそなんとも思ってなかったけど、よくよく考えてみると面白い・・・笑

私は埼玉県人だから面白かったけど、他県(特に関東以外の県)の方達にとって面白いのかどうかは分かりません。 母もハマってしまったようで、結局二人で「翔んで埼玉」2回観に行きました。
VOICE

埼玉ポーズがマイブーム

ガクト主演の埼玉を舞台としたギャグストーリー。私は埼玉県民で元々漫画を少しだけ読んでいたこともあり、すごく興味を持ち公開初日に観に行きました。東京以外(東京も中心以外は結構バカにされてます)の埼玉はじめ地方に対しての偏見がすごいです。埼玉県民なら必ずわかるというくらいのディスり方は逆に感心するほどです(笑)

とにかく言いたいのは、ガクトがめちゃくちゃかっこいい!!
完璧に漫画のイメージそのものです。これを見てしまったらもう主役はガクト以外考えられないですね。

この映画は埼玉をディスっているだけかと思ったらそうでもなく、ところどころ思わず泣けてきそうなくらい感動したりもします。私が埼玉県民だからでしょうか…。基本的にはギャグがメインだとは思いますが。

この映画「翔んで埼玉」のトレードマークといえる「埼玉ポーズ」観たあとしばらくやってしまうくらいハマってしまいました(笑)エンディングのはなわさんの歌も面白くて笑ってしまいます。初めから最後まで、映画館は笑いでいっぱいでした。

茶番劇なのに、出演者が全員大真面目に演技しているところがじわじわ来ます。なにはともあれ、埼玉県民・千葉県民は寛大な心で受け入れた上で観た方が良いかと思います。
VOICE

埼玉出身は怒らないで

完全にコメディで確かに面白いと思うのですが、埼玉県民は笑えないかもしれません。いや埼玉県民じゃないフリすれば笑えるかもしれません。なぜなら私自身が埼玉出身、でも育った神奈川を出身ってずーっと言い続けてたから、埼玉県人の気持ちがわかります。

二階堂ふみとガクトの演技に助けられてまともに観ることができました。二人のキャスティングが絶妙でどっちも観る前は大丈夫?合ってないよねって思いましたが、なんの二人とも適役ですっかりファンになってしまいました。その二人を囲むキャストも良い感じで違和感なかったです。こういうの若い人が観るもんだって感じだけど、実際高校生の子供と一緒に見に行きましたがどちらも楽しめました。

漫画「翔んで埼玉」が原作だったから多少オーバーな演出もとても楽しいものでした。漫画を先に読んでいたらもっと楽しめたかもしれません。日本映画でコメディって安っぽくなりがちだけど、俳優によっては海外のものに劣らない面白いものが出来るんだなあと思いました。

「翔んで埼玉」にもし続編があるなら、きっともっとスケールが大きくなること間違いないので、是非観てみたいです。大人から子供まで男女供に楽しめる、お勧めできる映画「翔んで埼玉」だと思いました。
VOICE

実は埼玉愛に溢れている作品

予告を見たとき埼玉をさんざんバカにしたストーリーだと思っていましたが実際に映画「翔んで埼玉」を見ると埼玉をとても大切に思って作られた作品だと感じました。

私は埼玉県民でもないし埼玉にさえ行ったことはありませんがそれでもおもしろく鑑賞することができました。埼玉県民の方々ならなおさらおもしろいと思います。

GACKTや伊勢谷友介、京本政樹などの美形俳優がシリアスな雰囲気を醸し出しながらバカなことを言ったりオーバーな演技をしたりするのが笑えました。また、埼玉や関東圏の方々が知っているようなネタが色々ありそれがわからないところもあったので少し残念でした。そういったことを知っていたら更に楽しめる作品だと思います。

映画の前半部分の東京都民の優雅さと埼玉県民のみすぼらしさはきちんと演出されていたし役者の方々のイメージもぴったりだったと思います。

特に、加藤良諒さんの埼玉県民で虐げられる役ははまっていたと思います。ただ、最初にGACKTを敵視してた二階堂ふみが簡単にGACKTを好きになってしまうところはもっと過程を追加して徐々に好きになるようにしないと急すぎて不自然な感じがしました。

最後はボスとGACKTの対決のような場面があっても良かったのではないかと思いました。
VOICE

翔んで埼玉 映画 キャスト

壇ノ浦百美(二階堂ふみ)
麻実麗(GACKT)
阿久津翔(伊勢谷友介)
壇ノ浦建造(中尾彬)
壇ノ浦恵子(武田久美子)
埼玉デューク(京本政樹)
西園寺宗十郎(麿赤兒)
おかよ(益若つばさ)
下川信男(加藤諒)
埼玉県人の青年(間宮祥太朗)
神奈川県知事(竹中直人)

監督 武内英樹
脚本 徳永友一
原作 魔夜峰央「このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉」
製作 若松央樹、古郡真也

二階堂ふみ×GACKT主演!映画『翔んで埼玉』予告編